婦人

バストの悩みを解決する

レディ

女性にとって、バストの悩みはとても深刻なものですが、中でも一番多いのがバストが小さいという悩みです。そのため、最近では豊胸手術を受ける女性が増えてきています。豊胸手術では、様々な方法を使って簡単にバストを大きくすることが出来、長年の悩みを確実に解消させることが出来ます。方法の一つが、脂肪注入という方法です。この方法は、自分の体から脂肪を抽出し、それをバストへと再注入するというものです。自分の脂肪を使うためアレルギー反応が起きる心配もなく、また自然で柔らかい仕上がりにすることが出来ます。バストアップだけでなく、出産後に垂れてしまったバストのハリを復活させたい、というときなどにも使われる方法です。

また、もう一つ人気なのが、人工物であるシリコンバッグというのものバストへ入れるという方法です。シリコンバッグは、手触りは本物のバストと同じくらい柔らかい素材で出来ており、一度バストへ入れてしまえば、永久的にその効果を持続させることが出来る方法です。脂肪注入にはカップのアップに限界がありますが、この方法では自分の好きな大きさにすることが出来るため、とにかくバストを大きくしたいという人にオススメの方法です。またこのような方法の他にも、ヒアルロン酸注入や食塩水注入など、様々な豊胸手術の方法があります。仕上がりや方法はそれぞれ異なるため、なりたいバストや費用に合わせて、自分に合った豊胸手術の方法を見つけましょう。

あなたの目元は若返る

鏡を見る人

顔を老けて見せてしまう目のクマですが、原因によって様々な種類があります。自分のクマの種類を見極めて、原因に沿った対処をしましょう。また、その際、メスを使用する施術をやたらに避けるのはやめましょう。脂肪を除去してからヒアルロン酸を注入するなど、施術を組み合わせることでより美しい仕上がりが期待できます。

もっと詳しく

メスを使いません

女性

美容皮膚科は美容外科とは違い、メスを使うことはありません。また、一般的な皮膚科は病気や皮膚の異常を治すことが目的ですが、美容皮膚科では肌を美しくするまでが目的です。ただ、美容目的の治療には保険が適用されないので注意が必要です。

もっと詳しく

たかがクマ・されどクマ

中年女性

目のクマは、疲れたり老けて見えたり、メイクでもなかなか隠せない厄介者です。目の周りの皮膚は薄くて毛細血管が集中しているため、血流が悪くなり血が黒ずむと、すぐにクマとなって出てしまいます。クマは病気によって出ることもありますので要注意。規則正しい生活習慣や食事、運動で、クマも病気も防ぎましょう。

もっと詳しく